IMG_3261.jpeg
IMGP2275.jpeg
IMGP2302.jpeg
IMG_3247.jpeg
IMGP2312.jpeg
IMGP2315.jpeg
IMG_3263.jpeg

大人も楽しい体験教室 練ってのばして整えて!先生がつきっきりで教えてくれる陶芸体験

陶芸文化振興財団が運営する陶芸会館(やきものの城)は、日本のお城のような建物が目印。初めて訪れると、その重厚な外観に驚くこと間違いなしです。1階は陶芸教室、2階の美術館では展示が行われ、4階は陶芸専門の文庫となっています。

陶芸教室は通常の陶芸クラスのほかに体験コースを実施。手びねりコースでは粘土を手で練り整えて、器を作ります。1つの粘土から小鉢や小皿、お猪口が2つ、取っ手付きのカップなら1つ作ることができます。

エリア
カテゴリー
IMG_3247.jpeg
IMGP2312.jpeg

手びねりの手順は、まず空気が入らないように粘土を丸め、次は成形。器の口をまっすぐに切り、模様付けをして完了です。手びねりなんて難しいのでは?と思うかもしれませんが、心配は無用。先生がつきっきりで教えてくれて、うまくいかない部分は手助けもしてくれるので、初心者でもきちんとした作品ができあがります。

焼き上がりの色は緑系、鉄赤、白萩、黒マットの4色から選択可能。艶があるもの、マットな質感のもの、色味などが選べるので、自分の希望に近い器が作れるはず!成形から焼成を経て、手元に届くのはだいたい1〜2カ月後。どんな器ができるのか、待っている時間も楽しみです。

頭を空っぽにして粘土をこねていると無心になれるうえ、できあがりの達成感が日ごろのストレスを忘れさせてくれるので休日の癒しにもぴったり。できあがった器を使って食事をすれば、いつもよりおいしく感じるかもしれません。

完成品がこちら!

陶芸体験で作った器の完成品
陶芸体験で作った器

1ヶ月頃経過したある日、作品が完成したとの連絡を頂いたので受取(※)へ!自分で作った器たち、なんとも愛着が湧いてきます!何に使おうか、どこに飾ろうかと考えるのもまた楽しみですね。
※別途送料を支払えば配送もしてくれます。

陶芸会館の城を盆栽越しに眺めよう

松雪園から眺める陶芸会館
松雪園入り口
松雪園の盆栽

陶芸会館は大宮盆栽村の盆栽園のひとつ、松雪園に隣接しています。陶芸文化振興財団の理事長が園主をしており、園内を見せてもらうのが可能とのこと。美しく迫力のある盆栽が魅力的なのはもちろん、その立派な盆栽越しに眺める陶芸会館の景観もすばらしい!陶芸体験の際には、ぜひ盆栽の美しさにもふれて、見事な景観を楽しみましょう。

関連する観光スポット

観光スポットを探す
観光MAP
旅行計画

言語変更

Google翻訳を利用して、サイト内のテキストを翻訳します。

\ このページをシェアする! /